学生時代のニキビを隠す生活から解放された私の吹き出物対策

学生時代のニキビを隠す生活から解放された私の吹き出物対策

私は、中高で悩まされてきたニキビが大学生になっても治りませんでした。

中学のころには、顔を埋め尽くすほどにニキビができて、男子にもからかわれとても辛かったです。
マスクなどで顔を隠してみたりもしましたが、かえってからかわれるようになってやめた思い出もあります。
鏡に映る自分を見るたびに泣いていました。

大学生になり共学になってから他人の目を前よりずっと気にするようになり汚い顔で外に出るのが嫌になっていました。
外に出て買い物がしたい。アウトレットで素敵な服をたくさん買いたい。他人の目を気にせず堂々と歩きたい。

大学生になって、インターネットをよく使うようになってからネットでニキビについて調べていました。

そんな時にみつけた方法をためしてみたところ、ちょっと大変でしたが、とにかくニキビが出なくなって、ニキビ跡もどんどん薄くなってきました。

背中のニキビの原因


ニキビは、普通なら毛穴に弾力があり、多少多くの皮脂、汗がでても排出できますが、毛穴がうまくそれらの「汚れ」を排出できずに詰まることが原因で起こります。


毛穴に溜まった汚れによってアクネ菌が増殖し、炎症をおこしてしまうのがニキビです。


背中は、以外に乾燥しやすいので、背中にニキビが出やすい場合は、外部からの保湿が必要になります。

ワセリンなどが保湿には有効ですが、ワセリンは、あまり伸びが良くなくて場所が背中だと塗りにくく、塗り漏れが出てしまいます。

背中のニキビの2つの原因


ひとつの原因は、皮脂の過剰分泌によってにきびが出やすくなります。

皮脂の過剰分泌は、男性ホルモンが関係していて、男性ホルモンには、皮脂腺を刺激する作用があるため、過剰な分泌を排出しくれなくなり、その結果、毛穴をふさいでしまいます。

女性の場合、生理周期の後半に分泌される黄体ホルモンが男性ホルモンと構造が似ていて、同じように皮脂腺を刺激してしまいます。

皮脂過剰分泌の原因は、ストレスや、睡眠不足などで心身が緊張状態になり、男性ホルモンの分泌を促す交感神経が活発化することで起こります。


毛穴周辺の角質化や洗い残しで古い角質や余分な皮脂が溜まってしまい毛穴がふさがってしまうこともあります。


背中のニキビのスキンケア


まずは、菌を繁殖させないように洗い残しのないように優しく丁寧に洗いましょう。

肌を乾燥させないように保湿を心がけます。

ワセリンなどでも保湿ができるそうですが、ワセリンは伸びが良くなくて使いにくいようです。


背中のニキビがなくなって背中の空いた服が着れる


私がためしたのは、ジェルタイプの背中にきび専用クリームで、ジェルタイプなので少量でもよく伸びて保湿力もあります。

さらに美容成分が配合されていてシミやソバカスなどに効果があり、背中だけではなく身体や顔にも使えました。

多少高かったのですが、ちゃんと直したかったので、私はこのニキビ専用のクリームを使いました。


背中ニキビ専用クリームを使いはじめて1か月ぐらい様子をみたのですが、新しいニキビがほとんどでなくなり、赤くなっていたブツブツが静まりっていきました。

人によって効果は様々だと思いますが、私は、今では、ほとんどニキビがでることもなく、ニキビ跡もめだたなくなってきました。

なんか、やっとさわやかな青春って感じです。


私の憂鬱な日々がやっとさわやかにしてくれた ⇒ 背中ニキビケアクリーム

 

 


【サイト更新日】

 

Copyright (C) 2019 学生時代のニキビを隠す生活から解放された私の吹き出物対策  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。